アニサキス

アニサキスについて

アニサキスに心当たりのある痛みがあったら、できるだけ早く受診しましょう。
胃アニサキス症は、新鮮な魚介類を食べた後で激しい痛みを起こします。激しい痛みがあってこうした原因に心当たりがある場合にはすぐに胃カメラ検査が可能な医療機関を受診しましょう。内視鏡でアニサキスを除去することでほとんどの場合、痛みは速やかに解消します。
ただし、胃カメラ検査前の7時間、食事をとっていない状態でないとアニサキスの発見が難しく摘出しきれない可能性があります。そのため、当院では当日のWEB予約で検査を予約いただき、受診の7時間前から食事をとっていない場合に当日の検査とアニサキス除去を行っています。なお、WEB予約の検査枠に空きがない場合には、電話でお問合わせください。

アニサキスが起こす症状

  • 腹痛
  • みぞおちの強い痛み
  • 激しい吐き気や嘔吐
  • 腹部の張り

など

新鮮な魚介類を食べて上記のような症状が起きた場合、アニサキス症が強く疑われます。放置しても数日から1週間程度で症状はなくなりますが、内視鏡でアニサキスを除去できればほとんどの場合、すぐに症状が改善していきます。また、放置でまれに重症化する可能性もありますので、疑わしい症状があったらできるだけ早く受診することをおすすめしています。

アニサキスとは

寄生虫の1種で、幼生が海の魚介類に寄生します。新鮮な魚介類を生か十分に火が通っていない状態で食べると生きたまま人間の胃の中に入ってしまい、胃粘膜に身体を食い込ませて強い痛みを生じます。寄生している魚介類が死ぬと内臓に寄生していたアニサキスも筋肉に移動してくるため、刺身などによる感染が多くなっています。
寄生されていることが多いのは、サケ・サバ・サンマ・イカなど食卓に並ぶことの多い魚介類です。長さが2~3㎝ほどあって、半透明の糸クズのような形状をしており、よく観察すれば肉眼でも発見可能です。なお、人間を宿主にすることはできないため、人間の体内に入ってから長くても1週間程度で死滅します。

アニサキス症の発症

海の魚介類を食べて感染します。生きたまま体内に入ったアニサキスは、胃や腸に身体の一部を食い込ませ、突き破ろうとして強い痛みを起こすアニサキス症を発症します。新鮮な魚介類を刺身や中心まで十分に火を通していない状態で食べて、数時間後に症状を起こした場合にはアニサキス症が疑われます。アニサキス症かもしれないと思ったら、お気軽にご相談ください。

胃アニサキス症

アニサキスによる疾患で最も発症頻度が高いのが、胃アニサキス症です。感染した魚介類を食べて数時間から十数時間後に症状が現れます。主な症状は激しい腹痛で、痛みには強弱の波があります。他に吐き気や嘔吐を起こすこともあります。発熱や蕁麻疹などのアレルギー反応を起こすこともあります。

腸アニサキス症

感染した魚介類を食べて半日以上、数日後に症状を起こすこともあるため、原因に気づかないケースもよくあります。主な症状は、腹部の痛みや吐き気、嘔吐などです。悪化すると腸閉塞や腸に穴が開く腸穿孔を起こし、腹膜炎になる可能性もゼロではありません。

消化管外アニサキス症

まれに起こる疾患です。アニサキスが消化管を突き破って別の場所に寄生するため、その場所に合わせた治療が必要になります。早急な検査と治療が重要です。

アニサキスアレルギー

アニサキス症の痛みはアレルギー反応に関連していることがわかってきています。また、アニサキスにアレルギーがあると、アニサキスを食べた場合だけでなく、十分に加熱してアニサキスが死滅していても、またアニサキスを除去した魚介類を食べても蕁麻疹などの症状を起こすことがあります。アナフィラキシー・ショックを起こすこともあり、血圧低下や呼吸困難を起こすこともあるためとても危険です。アニサキスアレルギーがある場合には、加熱の有無にかかわらず寄生されている可能性がある魚介類を口にしないように注意してください。

アニサキス症の検査

内視鏡検査

ほとんどの場合は胃アニサキス症ですから、胃カメラ検査でアニサキスの有無を直接確かめて、確認できた場合にはその場で除去します。腸アニサキス症の発症頻度は約1%以下とされていますが、必要と判断されたら大腸カメラ検査や腹部超音波検査などを行っています。
当院では患者様の負担を最小限にした無痛の胃カメラ・大腸カメラ検査を行っていますので、安心していらしてください。

血清検査

血液を採取して免疫反応に対する抗アニサキス体を調べます。腸への感染が疑われる場合などに行います。

超音波(エコー)検査

胃カメラ検査は食後7時間以上経過していないとアニサキスを発見するための有効な検査ができません。そのため、食後間もない場合や、内視鏡では検査・除去できない小腸に寄生している可能性がある場合、腹部超音波検査を行います。

治療

胃アニサキス症

胃カメラ検査でアニサキスを確認できたら、内視鏡の先から鉗子を出して除去します。除去できればほとんどの場合、痛みが速やかに引きます。当院では熟練した医師による苦痛を抑えて楽に受けられる胃カメラ検査を行っています。検査と除去にかかる所要時間も10分程度ですから、安心してご相談ください。

アニサキスアレルギー

軽症の場合は抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を投与します。症状が強い場合にはステロイドを使用します。

腸アニサキス症

発生頻度は1%以下でとてもまれです。症状に合わせた内服薬などで緩和させます。

消化管外アニサキス症

これもまれにしか起こりません。激しい胃痛や腹痛がありますので、早急に検査を受けて寄生している部位に合わせた適切な治療につなげる必要があります。

アニサキス症を予防するために

アニサキスは、70℃以上の加熱、あるいは60℃以上で1分間の加熱によって死滅します。加熱する場合は、必ず中心までしっかり火を通してください。また、冷凍の場合には、-20℃以下で24時間以上経過すると死滅します。ですから、こうした冷凍処理をしたものを解凍したお刺身であれば安全です。
新鮮な魚の内臓を食べるのはとても危険ですから絶対にしないでください。
なお、アニサキスアレルギーがある場合には、アニサキスが寄生する可能性のある魚介類を口にしない方が安全です。

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約 事前WEB予約 オンライン診療 当院の新型コロナ感染対策
事前WEB問診 求人募集