切れ痔

切れ痔(裂肛)とは

切れ痔便秘の太くて硬い便や、水のような激しい下痢などによって肛門の皮膚が切れたり裂けたりしている状態です。知覚神経のある皮膚の肛門が切れるため強い痛みを生じますが、出血はそれほど多くはありません。便秘になりやすい人は切れ痔になりやすく、切れ痔があると痛みがあることから便意を無意識に敬遠してしまい、再度硬く太い便が出てまた切れてしまうという悪循環を起こすことが少なくありません。繰り返し切れると傷跡が潰瘍や瘢痕化して肛門が狭窄し、ますます切れやすくなってしまいます。

切れ痔(裂肛)の主な症状

排便時に切れて強い痛みを起こすことが多いのですが、まれに痛みを起こさないケースも存在します。早期には短時間で痛みが治まりますが、悪化すると痛みが数時間続くこともあります。ただし出血は少ないことがほとんどです。慢性化すると見張りイボや肛門ポリープ、肛門潰瘍を合併することがあります。排便のたびに傷が広がるため治りにくくなり、瘢痕化して肛門が狭窄すると、ますます切れやすくなってしまいます。また、大きく裂けてしまった場合、肛門を締め付ける括約筋が傷ついてしまう可能性もあります。括約筋にダメージが加わると痙攣を起こして痛みが長時間続くようになってしまいます。早期でそれほど深刻ではない急性期と、何度も切れている慢性期では治療法が異なります。

切れ痔の治療

急性期

排便時に肛門が切れて痛みや出血がある状態です。軟膏や坐薬などの治療に加えて、便をやわらかくする薬の服用や排便習慣改善といった保存的療法で比較的短期間に治すことができます。切れ痔自体の治療と同時に便秘も解消しておかないと再発を繰り返して慢性期になってしまいます。

慢性期

何度も切れて傷が治りにくくなっています。潰瘍化や瘢痕化・線維化を起こして肛門が広がりにくくなり、内側に肛門ポリープが、外側に見張りイボができることがあります。さらに進行すると肛門が狭窄して、排便できなくなることもあります。保存療法では効果が見込めない場合には手術が必要になります。また、便秘や下痢といった便通異常の改善も不可欠です。

切れ痔で行われる手術

用手肛門拡張術

肛門を締め付ける括約筋がダメージを受けて過度に緊張し、痙攣を起こして激しい痛みを生じている場合に行う日帰り手術です。麻酔をして、肛門を医師が指で広げて過度の緊張をゆるめます。

裂肛切除術、肛門ポリープ切除

何度も切れて傷が深い溝のようになった状態に行う日帰り手術です。切れ痔を切除する際に、肛門ポリープや見張りイボを一緒に切除します。

皮膚弁移動術(SSG)

何度も繰り返し切れて線維化や瘢痕化している部分を裂肛切除術で切除した上で、近くの皮膚を欠損部分に被せて縫合する日帰り手術です。線維化や瘢痕化で伸びにくくなって狭窄していた状態を改善できます。皮膚弁移動術(SSG)

手術費用について

切れ痔の進行度や状態、使用する麻酔などによって費用はかなり変わってきますので、目安になる費用をご紹介しています。健康保険適用されるため、3割負担の場合の費用です。

治療方法 3割負担
肛門ポリープ切除術 約6,000円
裂肛根治手術 約20,000~30,000円
肛門形成手術 約30,000円
一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約 事前WEB予約 オンライン診療 当院の新型コロナ感染対策
事前WEB問診 求人募集