便潜血

便潜血検査(血便)とは

健康診断では、大腸がん発見のために便潜血検査を行うことがよくあります。この検査では、便に微量の血液が含まれているかどうかを確かめているため、痔による出血など大腸がん以外で陽性が出ることが多くなっています。また、大腸がんがあっても陰性になることが少なくありません。陽性になった方が精密検査を受けた場合、原因としては痔が最も多く、次いで30%程度に大腸ポリープが発見され、大腸がんが発見されるのは数%です。ただし、大腸ポリープは進行すると大腸がんになることがあるため、便潜血検査がまったく役に立たないというわけではありません。個人が大腸がんを早期発見したいという目的で受ける場合は大腸カメラ検査が適していますが、何万人というスケールで考えた場合には便潜血検査にも大きな意味があります。

大腸がんとは

大腸がんは罹患者数やがんによる死亡率が長く上位を占めていて、しかも年々増えてきています。進行した大腸がんは開腹手術をはじめとした大変な治療が必要になることもあって、一般的には怖い病気というイメージがあると思います。しかし、大腸がんは早期発見できれば内視鏡で切除可能であり、ほとんどの場合は日常やお仕事に影響を与えることなく完治できるようになっています。さらに、大腸がんは良性の大腸ポリープから発生することが多いため、大腸ポリープの段階で切除してしまえば将来の大腸がんを予防できます。この大腸ポリープ切除は大腸カメラ検査中に行えるため、検査と治療、予防が1回で完了します。 ただし、早期の大腸がんや大腸ポリープは症状を起こすことがまれですから、症状のない状態で定期的に大腸カメラ検査を受けることが必要です。大腸カメラ検査は苦しそうという印象があって積極的に受ける方がまだ少ないのですが、当院では鎮静剤を使用した無痛検査が可能です。便潜血検査が陰性でも大腸カメラ検査を受けて、大腸がん予防につなげましょう。

便潜血検査で陽性を指摘されたら、大腸カメラ検査を受けましょう

便潜血検査陽性は、便に微量の血液が含まれていないかを調べる検査です。陽性になった場合は、消化管のどこかから出血しているということであり、便に血が混じる症状を起こす疾患はたくさんあります。そのため陽性を指摘された場合には、精密検査が必要になります。

造影剤を使ったX線検査

一般的に長く用いられてきた検査法ですが、微小な病変や発見しにくい場所にあるなどで見逃されてしまうことも多く、組織採取による病理診断もできません。そのため、この検査で疑わしい病変が発見されたら、さらに大腸カメラ検査を受ける必要が生じます。

早期発見可能な唯一の検査は、大腸カメラ

大腸カメラ検査では、大腸粘膜を直接観察できますし、疑わしい部分の組織を採取して回収し、病理診断をすることで確定診断が可能です。当院では、特殊な波長の光や画像処理、拡大などの機能を搭載した大学病院レベルの内視鏡システムを導入して、検査経験豊富な医師が検査を行っています。そのため、早期がんに特徴的な微細な変化を短時間に発見できます。また、大腸がんは大腸ポリープから発生することがほとんどですが、大腸カメラ検査中に発見された大腸ポリープはその場で切除できるため、将来の大腸がん予防にもなります。 また、検査では不快感を最小限に抑えるため、きめ細かく配慮して検査を行っており、ウトウトしている間に受けられる無痛検査も可能です。苦手意識のある方も安心してご相談いただけます。

便潜血陽性はお身体からの重要なサイン

便潜血検査を1000人が受けた場合、約50人が陽性になるとされています。陽性のうちの数人に大腸がんが発見され、それ以外は他の疾患が原因であるか、特に原因がない突発的な出血で陽性になっています。 大腸がん以外の多くの疾患でも便潜血検査で陽性という結果が出ます。他の症状が出ていない状態で陽性が指摘された場合、多くの疾患の早期発見にもつながります。便潜血検査陽性は、お身体からの重要なサインであり、その段階で適切な治療を受ければ進行させずに完治できる病気が多く、また進行させずに良好な状態を長く保つためにも役立ちます。

便潜血検査陰性でも油断禁物

便潜血検査陰性でも、前がん病変の大腸ポリープや早期大腸がん、進行大腸がんが見逃されていることがかなりあります。早期大腸がんでは半分が、進行大腸がんでも10%程度が便潜血検査陰性になってしまうことが報告されているため、陰性だからと油断しないことが重要です。陰性の結果が出た場合も、大腸がん発症リスクが上昇しはじめる40歳を超えたら、症状がなくても大腸カメラ検査を受けるようにしましょう。

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約 事前WEB予約 オンライン診療 当院の新型コロナ感染対策
事前WEB予約