外科

外科について

外科について当院では、日常的なケガ・ヤケドの処置、縫合、手術後のケア、巻き爪・陥入爪・粉瘤・脂肪腫などの小手術といった一般外科診療を行っています。痛みのない処置のためにきめ細かく配慮し、できるだけきれいに治せるよう丁寧に治療しています。また、専門医療機関の診療が必要と判断された場合には、速やかに連携の高度医療機関をご紹介して、スムーズに治療を受けられるようにサポートしています。

当院で行っている外科的治療

ひょう疽・爪周囲炎

爪の周囲から入った細菌に感染して化膿している状態です。主な症状には、患部の赤みや熱っぽさ、脈打つようなズキズキした痛みがあります。痛みがとても強くなることがありますが、その場合も切開して膿を排出させれば痛みがすぐに消えていきます。切開をせずに抗生剤などで治療可能な場合もありますので、当院では診療して判断し、必要な場合にはその場で切開を行っています。

陥入爪

爪の左右が皮膚に深く食い込んで炎症を起こしている状態です。爪の切り方・サイズの合わない靴・爪の形態異常などによって起こっています。歩行に支障がある場合などでは、その場で処置をしています。

皮膚切開術

炎症で膿がたまって痛みや腫れを起こしている場合に行います。局所麻酔をした上で膿を排出させます。

創傷処置・創傷処理

ケガをした場合には、傷内をきれいにして処置します。縫合を行う場合でも、できるだけきれいに治るよう丁寧に行っています。

皮膚皮下腫瘍摘出術

粉瘤、脂肪腫、いぼなどを除去する手術で、局所麻酔によって行います。サイズや数、場所などによっては別日に予約していただいて改めて行うケースもあります。

異物摘出術

体内に深く入っている異物を除去する処置です。局所麻酔によって摘出します。

断端形成術

手指などの切断部分の形成や縫合を行います。

熱傷(ヤケド)

できるだけきれいに治るよう、きめ細かく配慮しながら処置しています。

ガングリオン穿刺術

中にゼリー状のものが詰まった腫瘤で、大きさや感触はさまざまです。ほとんどのものは痛みなどの症状を起こしませんが、できた場所やサイズによって痛みやしびれ、運動障害などを起こすこともあります。手にできやすく、女性の発症が多い傾向があります。穿刺によって中の液体を吸引排出することで消失が可能です。ただし再発を繰り返す場合には、手術が必要です。

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約 事前WEB予約 オンライン診療 当院の新型コロナ感染対策
事前WEB問診 求人募集