下剤を飲まない大腸内視鏡検査

大量の下剤を飲まずに受けられる大腸カメラ検査を行っています

大腸カメラ検査を受ける場合、事前に大量の下剤を飲んで腸をきれいにする必要がありますが、これがつらいと感じる方が少なくありません。
当院では大量の下剤を飲まずに大腸カメラ検査を受けることも可能です。

大腸カメラ検査の下剤が苦手という方へ

  • 下剤の味が好きになれず、たくさん飲むのがつらい
  • 2リットルも水を飲めない
  • 下剤を飲んだことがないので不安
  • 2時間で2リットルも飲み切れるか心配

上記のようなお悩みやご不安がある方に、大量の下剤を飲む必要がない大腸カメラ検査を提供しています。自費診療となりますのでご興味がありましたら、気軽にお問合わせください。

大量の下剤を飲む必要がない大腸カメラ検査

大腸カメラ検査を行う際には、腸内がきれいになっていないと正確な検査結果を得られません。腸に残っているものがあると、それに隠された部分の見落としを起こす可能性があります。一般的な大腸カメラ検査では検査日の朝から2時間くらいかけて2リットルもの下剤を飲み切って腸内をきれいにします。大量の水分を短時間に飲むのはけっこうつらいものですし、飲み進めて味に嫌気がさしたら苦行になってしまいます。下剤を飲んだことがないと、それに対する不安もあって気が重くなる方も少なくありません。
当院では、事前に大量の下剤を飲む必要のない大腸カメラ検査を2種類ご用意しています。患者様にとって楽に感じられる方を選んでいただくことで、お気持ちへの負担軽減につなげています。内視鏡的洗浄液注入法と鼻チューブ法、それぞれの方法の特徴を下記でご紹介します。

 

内視鏡的洗浄液注入法

同日に胃カメラ検査と大腸カメラ検査の両方を受けていただく場合に可能な方法です。
はじめに胃カメラ検査を行って、観察が終わったらスコープを通じて下剤を注入します。注入から2~3時間で便がきれいになって便意が落ち着いたら大腸カメラ検査を行います。副作用が起こったこともありませんし、大量の下剤を無理に飲み切る必要がないため、安心して検査を受けられます。

 

メリット

大量の下剤を飲む事前準備が必要ありません。また、胃カメラ検査と大腸カメラ検査を同日に受けることができるため、胃と大腸の精密な検診をご希望お方には特におすすめできます。

デメリット

疾患が疑われて大腸カメラ検査を受ける場合でも、胃に症状がない場合には胃カメラ検査についての保険適用はされません。そのため胃カメラ検査に関しては人間ドックの胃カメラ検査費用のお支払いが必要になります。

ご注意

注入する下剤は一定量です。便の状態によって、追加の下剤服用が必要になる可能性もあります。
内視鏡的洗浄液注入法は原則として70歳までの方を対象としており、年齢制限が設定されています。健康状態などを考慮して例外的に可能な場合もあります。高齢の方には個別に対応していますので、受診してご相談ください。

鼻チューブ法

極細のチューブを鼻から挿入して、下剤を胃にゆっくり入れていく方法です。大量の水分を飲む苦痛や、味に我慢する必要がありません。チューブは鼻に局所麻酔を施してから挿入するため、苦痛もありません。大量の水分を飲むのがつらい方、下剤の味が苦手な方におすすめできます。また、内視鏡的洗浄液注入法と違い、胃カメラ検査を行う必要がないため、比較的安価に検査を受けられます。

メリット

大量の水分を飲む必要がなく、下剤の味に悩まされることもありません。必要のない場合は胃カメラ検査を受けずにすむため、内視鏡的洗浄液注入法に比べると費用を安価に抑えられます。

デメリット

鼻からチューブを挿入する際の痛みはありませんが、プールで鼻に水が入った時のようなツンとする刺激を感じることがあります。

ご注意

鼻の局所麻酔としてキシロカインを使いますので、キシロカインアレルギーの方には行えません。
チューブを使用するため、大腸カメラ検査費用とは別に材料費として別途費用が必要になります。

下剤を飲む必要がない大腸カメラ検査の流れ

※下血がある場合など緊急性が高いケースでは、受診当日検査が必要になることがあります。こうした症状があって受診される場合には、当日の朝食は食べずにいらしてください。

Step1ご予約

大腸カメラ検査を行う場合、検査前診察を事前に必ず受けていただく必要があります。そのため、外来を受診して診療を受けた上で大腸カメラ検査をご予約ください。その際に検査の内容、前日から当日朝までと検査後1週間程度の制限や休薬・服薬などについて、わかりやすくお伝えしています。
ネット仮予約をされた場合は、検査予定日1週間前までの事前受診をお願いしています。この期間に受診いただけない場合には、検査予約が自動的にキャンセルされてしまうためご注意ください。自動的にキャンセルされてしまった場合には、ご予約当日に検査を受けることはできません。

ご注意

血液をサラサラにする抗凝固剤を服用している場合、必ず事前診療で医師に抗凝固剤を服用していることをお伝えください。大腸カメラ検査では、疑わしい部分の病理検査を行うために組織を採取することがありますし、前がん病変の大腸ポリープが発見されたらその場で切除する日帰り手術を行います。抗凝固剤を服用しているとこうした切除で出血が止まらなくなってしまう可能性がありますので、必ず事前にお伝えください。

Step2検査当日のご来院まで

腸に残りやすいキノコや海藻、こんにゃく、繊維の多い野菜の摂取は、検査数日前から控えてください。
検査前日は白粥や素うどん、豆腐、ゼリーといった消化のいいものを食べるようにして、夕食は夜9時までにとってください。薬味、漬物、具は残りやすいので食べないようにしてください。
水や薄いお茶などで積極的な水分補給をしてください。
検査当日の朝食はとらずにご来院ください。

Step3ご来院から大腸カメラ検査直前まで

受付にお声がけください。確認後にご案内します。

内視鏡的洗浄液注入法

朝1番で胃カメラ検査を行って、腸内がきれいになったら大腸カメラ検査を行います。
受付後、個室で検査着に着替えていただきます。鎮静剤でウトウトしている間に胃カメラ検査を行って、観察後にスコープを通じて下剤を注入します。10~20分すると覚醒して、排便がはじまります。覚醒から排便まで1時間程度かかるケースもあります。排便がはじまって約2時間すると便がきれいになって便意が落ち着きます。覚醒から大腸カメラ検査までの間に、気になることがありましたらすぐにスタッフまでお声がけください。きれいになったことを確認したら大腸カメラ検査を行います。

鼻チューブ法

鼻に局所麻酔薬のキシロカインを使用して、極細のチューブを挿入します。不快感をできるだけ起こさないように配慮しながら挿入していきます。チューブが胃に入ったら下剤をゆっくりと注入します。便意が起こるのは注入してから30~60分後が目安になります。便がきれいになって便意が落ち着くまで2時間程度かかります。きれいになったことを確認したら大腸カメラ検査を行います。

ご注意

内視鏡的洗浄液注入法と鼻チューブ法のどちらも腸が完全にきれいになっていないと検査精度が下がってしまいます。看護師が便の状態を確認して、洗浄効果が不十分だと判断された場合には、追加の下剤服用か浣腸が必要になります。

Step4大腸カメラ検査

検査ベッドに横になっていただきます。全身状態を確認するための血圧・血中酸素飽和度計測モニターを装着して、鎮静剤を投与します。ウトウトする程度の状態になるよう、年齢や体型、体質などに合わせて薬剤をきめ細かく調整しています。

大腸カメラ検査は、ポリープや病変の有無によって所要時間が異なりますが、平均すると20~30分程度です。切除するポリープが多い場合などでは1時間以上かかることもありますが、こうしたケースはほとんどありません。検査時間が長くても短くても、検査中は精密で厳格な全身コントロールを行っているためずっとウトウトした状態が続き、検査終了後は10~20分で覚醒します。そのため、途中で覚めてしまうのではといった心配はありません。

Step5検査終了

検査後は個室のリカバリーベッドでしばらくお休みいただきます。ぼんやりした状態から20~30分で覚醒します。すっきりしてきたら着替えていただき、飲み物を楽しんでゆっくりしてください。下剤の効果で脱水を起こしやすいため、水分をしっかりとるようにしてください。
鎮静効果がなくなったら、検査をした医師が診察室で検査の内容をわかりやすくご説明しています。検査画像もご覧いただけますので、気になることは何でもご質問ください。

大腸カメラ検査・大腸ポリープ切除日帰り手術費用

下剤を飲む必要がない大腸カメラ検査と通常の大腸カメラ検査の費用は基本的に変わりません。ただし、内視鏡的洗浄液注入法では、胃カメラ検査との同日検査が必要ですから、大腸カメラ検査費用とは別に胃カメラ検査費用が必要になり、さらに特殊な検査着費用が別途かかります。鼻チューブ法では、チューブを使用するため、大腸カメラ検査費用とは別に材料費としてこちらも別途費用が必要になります。
下記で紹介するのは通常の大腸内視鏡検査の一般的な費用です。血液検査などの事前検査分は含まれていません。

1割負担 3割負担
大腸内視鏡検査 約2,500円 約7,500円
大腸内視鏡+病理検査 約3,000円 約10,000円
大腸ポリープ切除術 約8,000円 約20,000~30,000円

※大腸ポリープを切除した場合、加入されている生命保険や医療保険によっては「内視鏡手術」として還付金がおりる可能性があります。保険会社にお確かめください。

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約 事前WEB予約 オンライン診療 当院の新型コロナ感染対策
事前WEB問診 求人募集