食道がん

食道がんとは

口から摂取した飲食物を胃に届ける食道粘膜にできるがんです。粘膜内にとどまっているものが早期食道がん、粘膜下層までのものが表在食道がん、粘膜下層よりも広がったものが進行食道がんです。食道は粘膜が薄く、とても近い距離に気管・大動脈・心臓・背骨といった重要な組織が集まっています。また、リンパ管や血管が食道壁の中にあるため、転移しやすい傾向があって早期発見が特に重要です。

食道がんの原因

主な要因として、習慣的な飲酒と喫煙があります。アルコールを分解する際にできるアセトアルデヒドは発がん物質で、これを分解する酵素が少ない体質の場合、食道がんの発症が多いことがわかっています。また、食道粘膜に慢性的な炎症が続くと食道がんを発症しやすくなるため、逆流性食道炎を繰り返してバレット食道になり、がんを発症することがあります。他に、あまり熱いものを習慣的に食べていると熱ダメージがリスク上昇につながるという指摘もされています。

食道がんの症状

早期にはほとんど自覚症状がないため、胃カメラ検査などの際に偶然発見されることが多くなっています。進行すると、飲み込む際の違和感、飲み込みにくさ、つかえ、咳、声枯れ、体重減少などを起こします。飲み込む際の違和感は、食道がんの早期発見につながることの多い症状ですので、ちょっとした違和感を感じたら早めにご相談ください。また、慢性的な逆流性食道炎がある場合や、いったん治っても繰り返し再発してしまう場合は、食道がんリスクがとても高い状態です。咳や胸の痛みで心臓の検査をしても異常がない場合、食道の病変で症状を起こしている可能性が高いと言えます。その場合も早めに当院までご相談ください。

当院の食道がん検査

症状のない早期の微小な食道がんでも、胃カメラ検査では発見が可能です。特に、当院で導入されている内視鏡システムにはNBIという特殊光による観察や画像処理、拡大などの機能が搭載されているため、がん特有の微細な変化を短時間に発見できます。以前は色素を撒いて調べていて胸焼けなどを起こしやすかったのですが、こうした負担なく医師が手元で簡単に切り替えて観察できるようになっています。食道だけでなく、胃や十二指腸の粘膜も詳細に確認でき、粘膜に疑わしい部分を発見したらその組織を採取して、病理検査によって確定診断が可能です。当院では熟練した医師が高度で最新の内視鏡システムを用いて検査するため、患者様への負担を最小限に抑えた精密な検査が可能です。軽い鎮静剤を使ってウトウトしている間に検査を受けられる無痛検査も行っていますので、苦手意識がある方も安心してご来院ください。

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約 事前WEB予約 オンライン診療 当院の新型コロナ感染対策
事前WEB予約