大腸ポリープ

大腸ポリープ

ポリープは粘膜にできる良性腫瘍で、隆起することが多いのですが平坦なものもあります。大腸ポリープのほとんどは腺腫であり、これは放置していると大腸がんになる前がん病変の可能性があります。発見された腺腫の大腸ポリープは検査中に切除する日帰り手術ができますので、これによって将来の大腸がん予防に結びつきます。 大腸ポリープは直腸とS状結腸に発生しやすい傾向がありますが、他の部分に発生しないというわけではありません。大きさは2mm程度から2㎝以上あるものも存在します。

症状

ポリープのサイズが大きくなって、便の通過を妨げない限り自覚症状はほとんどありません。硬い便が通る場所に大腸ポリープができると便が通過する際に擦れて出血することがあり、その場合は血便を生じます。便潜血検査は、目では見えないほど微量の血液が含まれる血便ではないかを調べる検査ですから、大腸ポリープが小さい場合ややわらかい便が通過する場所にあると陰性になってしまいます。また、便潜血検査では、痔などによって陽性になることもよくあります。さらに大腸ポリープが巨大化すると便秘や腹痛、下痢などの症状を起こすこともあります。

大腸カメラは微小な大腸ポリープ発見可能な唯一の検査

大腸カメラ検査では、大腸全域の粘膜をすべて観察できます。また当院では、特殊光や画像処理、拡大などによって微小な病変もスピーディな発見を可能にしています。場所、サイズ、形状などに関係なく早期大腸がんや微小な大腸ポリープを見つけることができますし、その場で切除する日帰り手術で治療も終了します。切除した病変は回収して病理検査を行うことで確定診断につながります。

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を守るための早期発見・早期治療

大腸がんは近年、がんによる死亡率が増えています。進行して発見されることが多いため、命は助かった場合でも大変な治療が必要になってお仕事や生活自体に支障が出てくることも多くなっています。早期がんや前がん病変の大腸ポリープは内視鏡で切除できますし、それで治療が完了し根治や予防が可能です。QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を守るためには、早期発見がとても重要なのです。 ただし、早期大腸がんや前がん病変の大腸ポリープは自覚症状を起こすことがほとんどないため、症状のない段階で定期的な大腸カメラ検査を受けなければ発見できません。大腸がん発症のリスクは年齢が上がると上昇しますが、発症リスクが上がりはじめるのは40歳を超えたくらいの年齢です。これまで大腸カメラ検査を受けたことがない方の場合、40歳を過ぎたら症状が特になくても大腸カメラ検査を受けるようおすすめします。

大腸ポリープ切除のメリットと手法

内視鏡による大腸カメラ検査は粘膜を直接観察できるだけでなく、病変を発見したらその場で切除ができます。これにより別の日に改めて治療を受ける必要がなく、事前の食事制限や下剤服用も1回だけとなります。前がん病変のポリープ切除は将来の大腸がん予防につながるため、1日で検査・治療・予防が完了します。切除は検査中の日帰り手術として行われるため入院の必要もなく、そのままお帰りいただけます。切除自体は5~10分程度です。 なお、サイズや数、形状などにより検査中の日帰り手術では対応できないケースもまれにあります。その場合には、連携高度医療機関をご紹介して、スムーズに治療を受けていただけるようにしています。

ポリペクトミー

一般的なポリープ切除で最も行われている手法です。スコープの先端からスネアというワイヤー状の器具を出してポリープにかけ、締め付けてから高周波電流で焼き切ります。電気メスのような止血効果があって切除時の出血を抑えることができますが、粘膜の下まで熱が伝わってしまうと術後の出血や穿孔を起こす合併症リスクがあります。そのため、当院では安全に行えると確認できる場合にのみ行っています。

コールドポリペクトミー

ポリペクトミーと同様にスネアをかけますが、高周波電流を流さずに締め付ける力で切除します。熱ダメージが伝わることなく、合併症リスクの低い手法です。切除直後に必要に応じて止血処理をすることでより安全に行えるため、当院ではこの手法を主に用いています。

内視鏡的粘膜切除術

ポリープには隆起していない平坦な形状のものも存在します。平坦なポリープにはスネアがかからないため、ポリープの下に生理食塩水を注入して持ち上げてからスネアをかける内視鏡的粘膜切除術を用います。生理食塩水によって熱ダメージが下層に伝わる心配がないため、スネアに高周波電流を流して焼き切ります。

全周切開内視鏡的粘膜切除術

平坦で大きいポリープを切除する際に全周切開内視鏡的粘膜切除術を行います。生理食塩水でポリープを持ち上げるまでは内視鏡的粘膜切除術と同様ですが、その後はスネア先端で粘膜を切開してスネアをかけやすい状態に整えます。再び生理食塩水を注入してスネアをかけて締め、高周波電流によって焼き切ります。20mm程度の大きなポリープを安全に、そしてできるだけ遺残なく一括切除できる手法です。創部はクリップで閉鎖の処置を行います。

切除後の注意点

切除は手術ですから、出血といった合併症を予防して、できるだけ早く回復できるよう、術後にはいくつか守っていただく制限があります。移動、食事、運動、入浴などに関する制限で、ほとんどは数日から1週間程度守っていただけたら大丈夫です。なお、術後は1週間程度、長距離移動が禁止されますので、検査日をご予約いただく時点で旅行や出張のスケジュールを考慮して決めていただくようアドバイスしています。

ご帰宅後の過ごし方

当日は安静を保って、早めにご就寝ください。

入浴

当日は、シャワーのみ可能です。入浴は翌日から可能ですが、長湯はしばらく控えてください。

食事

当日の食事では、油分の多いもの、刺激が強い香辛料を避けてください。

飲酒

術後の検診で医師の許可が出るまでアルコール摂取を控えてください。

運動

腹圧がかかる運動は1週間程度禁止です。個人差や運動内容、ポジションなどによって変わりますので、再開の時期は医師にご相談ください。

旅行・出張

長距離の移動や長時間の運転は負担が大きいため、術後1週間は控えてください。飛行機は特に気圧の変化が大きく負担が増えるため、短時間でも避けてください。遠方に移動してしまうと、万が一の際に適切な処置が遅れる可能性もあります。

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約 事前WEB予約 オンライン診療 当院の新型コロナ感染対策
事前WEB問診 求人募集