胸焼け

注意すべき胸焼け症状

胸焼けにも様々な症状、種類があります。

緊急性が高くない胸焼け

  • 一次的にだけ発生する胸焼け

病院にいくべき胸焼け

  • 病院にいくべき胸焼け
  • げっぷを伴う胸焼け
  • 胸全体が激しく痛む胸焼け
  • 夜起きてしまう程の胸焼け

胸焼け症状の場合は逆流性食道炎と呼ばれる消化器疾患の可能性が高く、消化器内科での検査ならびに治療が必要になります。上記に該当する胸焼け症状の場合は消化器内科を受診しましょう。

胸焼けが発生する原因

胸焼け逆流性食道炎と呼ばれる消化器疾患の症状です。胃酸が食道に逆流することで食道や胃と食道の接合部分が炎症を引き起こし、激しい胸周辺の痛みを伴います。逆流性食道炎の根治ができない限りは胸焼け症状は継続される可能性が高いです。特に食生活や生活習慣にも大きく影響します。代表的な習慣としては「就寝前の2時間以内に食事をしてしまう」「過食」「消化の悪い食事の比率が多い」などが挙げられます。注意しましょう。

また、稀に胃癌の症状としても胸焼けは指摘されます。最悪の場合、のことを考えると胸焼けの原因は深刻な可能性があります。

胸焼けの診断方法

胃カメラ

  • 胸やけの原因の多くは胃食道逆流症や逆流性食道炎ですので、胃カメラが最適と考えられます。
  • 鎮静剤使用し、痛みなく鼻もしくは口からカメラをいれて検査をします。問題があった場合、その場で組織検査を出せることが特徴です。

薬物療法

  • 胃酸をおさえる制酸剤で経過を見ることもあります。
  • ただし根本的な原因の解明に胃カメラが必要です。

胸焼けを放置する危険性

逆流性食道炎なども放置すると食道癌や胃癌のリスクになるので、早めに検査することが必要です。初期症状で治療をすることで症状の悪化を抑えることができます。異変を感じたら必ず消化器内科を受診しましょう。

胸焼けの場合は消化器内科へ

大田大森胃腸肛門内視鏡クリニックの消化器内科では胸焼けの治療・診察を専門的に行っております。胸焼け症状の方には基本的に胃カメラ検査の実施を推奨しており、内視鏡クリニックとしての対応を心がけています。胸焼けを薬物療法で経過観察などではなく、根治に向けて治療を頑張りたい方は是非当院までお越しください。些細な相談からでも全く問題ありません。また、当院では24時間ネット予約を機能させており待ち時間のないストレスフリーな外来を目指しております。ご都合の良いタイミングでお越しいただけますと幸いです。

 

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約 事前WEB予約 オンライン診療 当院の新型コロナ感染対策
事前WEB問診 求人募集