胃痛

注意すべき胃痛症状

一口に「胃痛」といっても痛みの表現はいくつかあります。
鈍い痛みが継続する『シクシクする』、鋭い痛みが走る『キリキリする』、脈打つような痛みが絶えず続きます『ズキズキする』、締め付けられるような痛みを感じる『キューっとする』など、様々な胃痛の種類があります。あなたはどのタイプですか?

 

また、胃痛の種類によって緊急性は大きく異なります。

緊急性が高くない胃痛

  • 短期間で収まる胃痛
  • 繰り返すことのない胃痛

病院で診察が必要な胃痛

  • 長期間痛みが収まらない胃の痛み
  • 胃もたれを伴う胃痛
  • 胸焼けを伴う胃痛
  • 痛くなったり痛くならなかったりを繰り返す胃痛
  • 胃の痛みに伴い発熱、下痢、便秘などの症状がある

すぐに病院にいくべき胃痛

  • 急に発生して鋭い胃痛
  • 冷や汗を掻くような胃の痛み
  • 吐血や嘔吐を伴う胃痛
  • 痛む部分を押してみて、離したときに痛みが増す胃痛
  • 歩いたときに響く痛み

上記のように胃の痛み方には様々な種類があります。またその度合いに応じても緊急性が異なり、場合によってはなるべく早めに消化器内科を受診する必要があります。胃痛が発生する場合は軽視せずに、近くの消化器内科になるべく早めに相談しましょう。

胃痛が発生する原因

原因として、胃酸の過剰な分泌や細菌などによって胃の粘膜が傷つけられてしまう場合や、胃の機能が低下して不調が起きる場合など、胃痛にも様々な原因があります。

食生活

暴飲暴食はもちろん、脂っこい食べ物など消化しづらいものを大量に摂取したりすることで、胃酸の分泌が高まり、胃の粘膜を傷つけるため胃痛が発生します。そのほか、唐辛子のような刺激の強い香辛料やアルコールなども同様に注意が必要です。

ストレス

ストレスを継続して受けると自律神経に乱れが生じます。自律神経は胃や十二指腸の働きをコントロールする役割を持つため、自律神経が乱れることで胃の動きが悪くなったり、胃酸が過剰分泌され胃酸が粘膜を傷つけてしまうことがあります。その結果、痛みを引き起こします。

ピロリ菌

ヘリコバクター・ピロリ菌に感染すると、胃の粘膜を覆っている粘液の中にピロリ菌が住みこみ、粘膜を傷つけ胃痛を起こします。本来胃の中は強い酸性のため細菌は生息できませんが、ピロリ菌はウレアーゼという酵素を産生し、胃液中の尿素からアンモニアをつくりだし、自分の周囲をアルカリ性に変化させて生育します。ピロリ菌が胃の粘膜を傷つけるメカニズムはいくつかの説がありますが、ひとつはピロリ菌がつくりだす様々な分解酵素が原因といわれています。

胃痛を伴う消化器疾患

急性胃炎

突然胃がキリキリと痛みはじめます。胃痛のほか、胃の膨満感(重苦しさ)や胸やけ、吐き気などを伴うこともあります。原因としては暴飲暴食やストレス、細菌やウイルスの感染などがあります。

慢性胃炎

長期間にわたり胃の粘膜が傷ついたり修復したりを繰り返すことで胃の粘膜が萎縮し、修復が追いつかなくなります。主にピロリ菌の感染が原因ですが、慢性的な食生活の乱れやストレスから起こることもあります。慢性胃炎は胃痛、吐き気、胃の膨満感やもたれ、胸やけ、むかつきなどの症状がみられます。

胃食道逆流症(GERD)、逆流性食道炎

酸性の胃の内容物が食道に逆流し胸やけなどを起こします。粘膜が傷ついている、びらん※を伴う胃食道逆流症を逆流性食道炎といい、粘膜の傷がみられない場合には非びらん性胃食道逆流症といいます。どちらも胃痛・胸やけのほか、のどや口に酸っぱさや苦さを感じることがあります。原因としては食後すぐに寝転んでしまう、お腹に圧力がかかりやすい(肥満、妊娠、姿勢が悪い)、胃の内圧が上がりやすい(早食い、食べ過ぎ、脂っこいものの摂りすぎ)などが挙げられます。
※びらん … 粘膜層の組織の欠損

胃・十二指腸潰瘍

胃酸は胃そのものを溶かしてしまうほど強力です。しかし、胃の粘膜は胃酸を分泌すると同時に粘液を分泌するなどして自身を守っています。普段は胃の粘膜を攻撃する因子と守る因子のバランスが保たれていますが、何らかの原因でこのバランスが崩れることで、胃酸過多となったり、粘液の分泌が減ったりしてしまいます。それにより胃酸にさらされた胃や十二指腸の一部が深く欠損します。
欠損する位置により胃潰瘍と十二指腸潰瘍に分類されますが、主な症状は共通しており、胃痛や腹部膨満感、胃のむかつきなどがあらわれます。ただし胃潰瘍では食後の胃痛が、十二指腸潰瘍では空腹時の胃痛が多いといわれています。

その胃痛は機能性ディスペプシア?

機能性ディスペプシアとは消化器の粘膜などに異常がないにも関わらず、食道や胃・十二指腸などに症状を起こす病気です。以前は神経性胃腸炎や胃弱などと呼ばれていましたが、胃酸分泌過多など機能の異常や、食道粘膜・胃粘膜の知覚過敏などが原因になって症状を起こしていると考えられています。代表的な症状は、胃の痛み・膨満感や張り・もたれ・吐き気などです。

治療方法

生活習慣の改善

食事内容や摂取時間を含めた食生活の見直しと改善、休養を指示します。

内服薬

胃酸の分泌過多を抑えて、胃の働きを改善する薬など症状に合わせて処方します。

漢方薬

漢方薬には様々な種類のがあります。体質や症状に合わせた処方を行います。粘膜の知覚過敏に効果が期待できるもの、消化器の動きを正常に導いてくれるもの、精神的な安定を与えて、自律神経失調症に対応するものなどがあります。

胃痛の際の検査方法

炎症など、症状の原因となる疾患がないかをしっかり調べることが必要です。当院の消化器内科・内視鏡内科では下記の検査対応ができます。

超音波検査(腹部エコー検査)

超音波を当てて肝臓、膵臓や胆のうなどの状態を確認する検査です。
食事抜きで受診いただけましたら、いつでも検査に対応できます。基本的には予約で行います。

血液検査

炎症の有無を確認するために行います。

胃内視鏡検査(胃カメラ)

食道・胃・十二指腸の粘膜の状態を観察し、疑わしい部分があれば採取して生検を行います。炎症・潰瘍・がんなどの確定診断にも不可欠です。また、ピロリ菌の感染の有無も調べることができます。

胃痛を放置する危険性

胃痛の場合には様々な消化器疾患が想定されます。気になる胃痛症状がある場合は放置することなく、医療機関に相談をしましょう。胃痛を放置しておくと最悪の場合、胃癌に発展する可能性があります。実際に胃痛、腹痛を訴える患者様から胃癌がみつけるケースも珍しくありません。

腹痛の場合は消化器内科へ

大田大森胃腸肛門内視鏡クリニックでは胃痛を始めとする消化器症状に幅広く診察対応をしております。当院の消化器内科では些細な症状の診察が専門的な内視鏡検査まで対応が可能であり、消化器内科の専門性が高いです。また24時間ネット予約もでき、待ち時間少なくスムーズに受診していただくことができますので、いつでもご遠慮なくお越しください。

 

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約 事前WEB予約 オンライン診療 当院の新型コロナ感染対策
事前WEB予約