吐き気・嘔吐

注意すべき吐き気症状

吐き気にも様々な症状、種類があります。

緊急性が高くない吐き気

  • 一時的で、繰り返さない吐き気

病院で診察が必要な吐き気

  • 繰り返す嘔吐
  • 長時間持続する吐き気
  • 発熱や下痢などもある吐き気や嘔吐

すぐに病院にいくべき吐き気

  • 水分も取れないほどの嘔気・嘔吐
  • 血の混じった嘔吐
  • 強い腹痛や、ふらつき、麻痺などを伴うもの

吐き気や嘔吐にも色々な種類がありますが、自分の症状について上記を参考にしながら緊急性が高い場合はすぐに医療機関にいきましょう。消化器内科や胃腸内科の受診が必要です。

吐き気が発生する原因

一時的な嘔吐や吐き気などは、乗り物酔いや、妊娠、食べ過ぎや飲みすぎなどでもおこります。しかし、繰り返すものや長時間続くものなどは、何らかの病気が原因となっていることが考えらえます。何らかの病気が原因になっている場合は吐き気を和らげることよりも、原因となっている病気を特定して治療することが重要です。

 

急な吐き気を伴う消化器疾患

急性胃腸炎

ウイルスや細菌などが原因となって起こることが多い病気で、ノロウイルスや病原性大腸菌などによるものが有名です。また、海外から帰国後に発症した場合には注意が必要です。

急性虫垂炎

虫垂炎の初期症状として、胃痛や吐き気などの症状が出ることがあります。その後徐々に右下腹部に痛みが移っていくことがあります。

急性胆嚢炎・胆石発作

急性胆嚢炎や胆石発作でも吐き気や嘔吐が出ることがあります。右上腹部の痛みや発熱などが出ることもあります。

腸閉塞

腸管の流れが滞ることで、吐き気や嘔吐などが起こります。進行した大腸がんで起こることもあります。緊急性が高いため、速やかに医療機関を受診することが必要です。

狭心症・心筋梗塞

典型的には胸が締め付けられるような痛みがおこります。痛みがなく吐き気や嘔吐、歯痛、左肩痛などの症状のこともありますので注意が必要です。

脳神経系疾患

脳梗塞・脳出血、脳炎、髄膜炎など脳神経系の病気でも吐き気や嘔吐が起こります。頭痛や麻痺、ろれつが回らないなどの症状もあった場合にはすぐに病院を受診しましょう。

長く続く吐き気や嘔吐を伴う消化器疾患

胃がん

胃がん原因で吐き気や嘔吐が起こることもあります。この場合には、早急な加療が必要となります。内視鏡による検査が必要なのはこのためです。

胃・十二指腸潰瘍

胃や十二指腸の粘膜が消化されてしまい胃(十二指腸)の表面がただれてしまって潰瘍ができてしまった状態のことを胃潰瘍(十二指腸潰瘍)といいます。吐き気や嘔吐を伴うこともあります。潰瘍が進行すると痛みや過酸などの症状がありますが、出血まで認められた場合は緊急性が高い状態といえます。

うつ病

気分が落ち込むことや気力が出ずに、身体的にも症状が出てしまう病気です。吐き気や嘔吐、胃もたれなどの消化器症状を伴うこともあります。

吐き気がある場合の対応方法

食べ過ぎや飲み過ぎが原因の場合には、安静にして休息をとることが大事ですが、そもそも食べ過ぎない・飲み過ぎないことが重要です。
長引く吐き気に関しては、病院の受診が必要です。特に頭痛や、しびれ・麻痺など他の症状が伴うときは、すみやかに病院を受診することをお勧めいたします。

もしも吐いてしまったら

まずは安静することが重要です。すぐにおさまらないようなら医療機関を受診しましょう。
また、吐瀉物は感染リスクが高いため、手袋やマスクをして処理しましょう。吐瀉物を取り除いた後は次亜塩素酸ナトリウムにて消毒します。その際の衣服などは、他のものと一緒にせず袋に入れ、個別に洗浄します。最後に手指消毒とうがいをしましょう。

吐き気・嘔吐の場合は消化器内科へ

大田大森胃腸肛門内視鏡クリニックの消化器内科では吐き気症状の方を含め、幅広い消化器症状に対応した診察を行っております。些細な症状の診察から専門性の高い内視鏡検査まで治療領域も広いです。24時間ネット予約も可能であり、待ち時間にも配慮をした外来環境が整っています。吐き気で悩まれた際には是非一度当院の消化器内科を受診されてみてください。

 

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約 事前WEB予約 オンライン診療 当院の新型コロナ感染対策
事前WEB問診 求人募集