腹痛

注意すべき腹痛症状

腹痛にも様々な症状、種類があります。

緊急性が高くない腹痛

  • 腹痛の痛みが大きくない
  • 腹痛が短時間で収まる傾向がある
  • 腹痛が繰り返されない

病院で診察が必要な腹痛

  • 腹痛が慢性的で続いている
  • 腹痛に伴い他の症状(下痢や便秘、発熱など)がある
  • 便秘と下痢を繰り返す腹痛
  • 食事をするたびに痛む腹痛

すぐに病院にいくべき腹痛

  • 腹痛に伴い血便が確認される
  • 腹痛にあわせて吐血をしてしまう
  • お腹を刺すような腹痛
  • 魚介類を食べた後に急に発生する腹痛
  • 歩いて響くような腹痛
  • 痛い部分を押して離したときに痛みが増す場合

上記のように腹痛には様々な種類がありますが、その腹痛の度合いに応じて緊急性が大きく異なります。特に腹痛に伴い他の症状がある場合、特定条件下で発生している腹痛の場合にはすぐにお近くの消化器内科を受診しましょう。

腹痛が発生する原因

大きく分けて2つあります。1つは器質的な原因を有するもの。大腸癌や炎症性腸疾患がこれに当たります。もう一つは機能的な原因を有するもの。腸管の動きに起因するため、便秘や下痢などを繰り返す過敏性腸症候群などがれに当たります。また、感染性腸炎などもあります。

 

腹痛を伴う消化器疾患

緊急性の高い腹痛を伴う消化器疾患

腸閉塞

何かしらの原因によって腸管が塞がれてしまっている状態です。腸管が塞がれてしまうと様々な症状が伴い、その中で大きな腹痛を発生させる場合もあります。緊急性が非常に高い消化器症状の一つです。

急性虫垂炎

虫垂炎とはいわゆる盲腸(もうちょう)のことです。盲腸部分に異物や消化物が溜まってしまうことで虫垂内が腫れあがり、更には塞がってしまうことで激しい腹痛を発生させます。虫垂炎は緊急手術が必要な場合もあります。

急性胆嚢炎

胆嚢(胆のう)が炎症する病気を胆嚢炎といいます。胆嚢炎のよくある原因は胆石などが胆嚢管の中に発生してしまい、詰まってしまうことが挙げられます。急性胆嚢炎の症状が深刻な場合は手術をする必要があります。

急性膵炎

膵臓が炎症を起こしている状態のことを急性膵炎といいます。急性膵炎の場合は腹痛や背中まで広がる痛みが特徴です。原因は様々ですが、アルコールが影響することが最も多いといわれており、日常生活から注意が必要です。

子宮外妊娠

通常至急で着床するはずの受精卵が、子宮以外の卵管などで着床してしまい、大きくなってくると卵管破裂などによる大量出血などを引き起こします。

S状結腸軸捻転など

S状結腸がねじれることで血流障害を引き起こす病気です。内視鏡的に整復することが多いですが、場合によっては手術となることもあります。

緊急性の比較的高くない腹痛を伴う消化器疾患

急性胃炎

胃腸に急激なストレスが加わることで、炎症を起こします。急性胃粘膜障害などがこれに当たります。早急な検査と投薬が必要です。

胃・十二指腸潰瘍

胃や十二指腸の粘膜が消化されてしまい胃(十二指腸)の表面がただれてしまって潰瘍ができてしまった状態のことを胃潰瘍(十二指腸潰瘍)といいます。潰瘍が進行すると痛みや過酸などの症状がありますが、出血まで認められた場合は緊急性が高い状態といえます。

急性腸炎

何かしらの原因で腸の中で炎症が発生する場合があります(急性腸炎)。感染性の場合や非感染性の場合もあり原因は様々ですが、いずれにせよ大腸カメラによる精密検査が必要です。

胆石症

胆のうに石ができる状態です。いわゆる胆石が胆のうの出入口をふさいでしますことで痛みがでます。この状態が続くと急性胆嚢炎となることもあります。

尿路結石

多くは左右背部に激痛が起こります。痛み止め内服し、水分を取り自然に排石されるのを松野が一般的です。

胃がん・大腸がん

腹痛の原因が胃がんや大腸がんであった場合には、早急な加療が必要となります。内視鏡による検査が必要なのはこのためです。

過敏性腸症候群

主にストレスなどの影響により自律神経の機能が乱れることで腸の機能が弱まることで引き起こされる病気です。過敏性腸症候群の場合、下痢や便秘などの便通異常を伴い、時に一次的な激しい腹痛を発生させます。

大腸憩室炎など

大腸に憩室という袋状のものができてします状態です。便がたまりやすく憩室炎となる音があります。憩室は壁が薄いため炎症を起こすと先行することがあります。

腹痛の方への診断方法

胃カメラ

  • 対象年齢はすべて。上腹部の痛みの場合は特に検査をお勧めします。
  • 鎮静剤使用し、痛みなく鼻もしくは口からカメラをいれて検査をします。問題があった場合、その場で組織検査を出せることが特徴です。

大腸カメラ

  • 周期的な腹痛
  • 左右側腹部などに鈍い腹痛があるとき
  • 鎮静剤使用し、痛みなく検査いたします。異常があった場合にはすぐに検査にだせ、さらにポリープなど認めた場合はその場で切除できます。

レントゲン

  • 腹痛の原因として腸閉塞などがないかなど簡便に検査できます。
  • X線でおなかの中の影をみます。ガスの状態などで判断します。

エコー

  • 腹痛の原因精査の検査として、最も侵襲が少なく簡単に受けられる検査です。
  • 超音波診断装置によりおなかの中を見ます。空気があると見えないため、腸管の検査には適しておりません。肝臓、腎臓、膀胱、前立腺などの検査に向いています。

薬物療法

  • 胃酸を抑える制酸剤投与で経過を見ることもあります。
  • ただし根本的な原因の解明が必要です。

腹痛を放置する危険性

短期間で収まらない腹痛は軽視せずに、慎重に判断をして消化器内科を早めに受診しましょう。腹痛はわかりやすい消化器(胃や腸)から発信される危険信号です。特に胃癌や大腸癌のリスクもあることを考えると放置することは非常に危険です。

 

腹痛の場合は消化器内科へ

大田大森胃腸肛門内視鏡クリニックの消化器内科では腹痛症状の方を含め、幅広い消化器症状に対応した診察を行っております。些細な症状の診察から専門性の高い内視鏡検査まで治療領域も広いです。24時間ネット予約も可能であり、待ち時間にも配慮をした外来環境が整っています。腹痛で悩まれた際には是非一度当院の消化器内科を受診されてみてください。

一番上に戻る
24時間WEB予約24時間WEB予約 事前WEB予約 オンライン診療 当院の新型コロナ感染対策
事前WEB予約